アウエーでの9レース

前年ですけれどもね。ここで、決まったというのもあったのよね。
それは広島カープだ。
っていうのは、ホークスに願わくは1勝1敗1分けでしのいです下、アウエーでの9レースがすべて終わったあとの、西武、オリックスのマツダでの6連戦。ここでの6連勝。そのあと、リーグ戦再始動下もマツダアリーナで3連戦が二つというためね。ここでも6連勝。12連勝で、これで流れをつくってのね。優勝への道をつくったな?という。
では、ここで、あのコリジョンルールですよ。あちらが、セリーグの優勝が決まったのか?と。
というのは、広島という西武の1回戦ですけれども、9回中頃前強打ですけれども、秋山が裏側ターゲット。3塁側に相当飛びたのですけれども、それをキャッチャーやっていた上本が最適受け取り。多少走路にランナーの入ったとしてもね。それで、走路入ってのコリジョンで圏外がセーフになってしまった。ここがセリーグの好運をきめたと言ってもおかしくはなかったかと。
薬用グローリンギガ楽天